イカ様はタコなぐり
categories
archives
entries
recent comment
sponsor

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , -, -, -

シンデレラに見る経営学

「童話『シンデレラ』で、一番得をしたキャラクターは誰だと思う?」

「え、何いきなり」

「暇つぶしだ、いいから答えろ」

「そりゃー、玉の輿で王妃確定のシンデレラじゃないの?」

「違うな、正解は魔法使いだ」

「は? なんでよ」

「一見すると魔法使いは、無償でシンデレラにドレスや馬車を提供したボランティア精神あふれる人物に思える」

「そうだよ、むしろ一番損してるキャラクターじゃね?」

「確かに初期グリムの死んだ継母や義姉を無視すれば、最も労力を行使している存在だが。ちなみに現代絵本の家族が生きている場合の結末だと仮定する」

「ああ、あったね、そんなベストセラーになった黒い勧善懲悪」

「多少うがった見方をしても、安全圏から乞食に施しを与えて満足感を得る偽善者で、具体的なメリットがあるとは言い難い」

「一気に嫌なキャラクターにされたね、魔法使い」

「良い意味では、ノブレス・オブリージュを体現した幻想的な存在とも解釈できるな」

「フランス語で地位のある人が義務を果たす、みたいな意味だっけ。平成ライダーで覚えた」

「確かに短期的なミクロの視点で『シンデレラ』という物語を俯瞰した場合、魔法使いに具体的な利益はない。しかし、長期的マクロ視点で見た場合は、話が変わってくる」

「なんかいきなり経済用語が出てきた!?」

「最初にお前が言ったようにシンデレラは何事もなければ、いずれは王妃となり王位継承権を得る。その他の傾国の美女の例を鑑みると、国政に口を出す可能性すらある。貧乏貴族の娘が、だ」

「まぁ家事しかやらされなくて勉強してないイメージはあるね」

「その暫定王妃に絶大な信用を得ている魔法使いは、間接的に国政を操ることが出来る」

「ああ、やっと言いたいことが分かったわ」

「魔法がありふれたファンタジーな世界観だったとしたら、宮廷魔導師くらいにはなれるだろうし、そもそも多少怪しくとも宣言通り自分を幸福にしてくれた魔法使いにシンデレラが逆らう必然性は皆無と言っていい」

「なんか今度はインチキ霊媒師みたいなキャラクターにされたね、魔法使い」

「この魔法使いの凄いところは、そのインチキ霊媒師みたいに長期間の催眠や洗脳を行わずに、ドレスと馬車という金を積めば買えるような必要経費だけで、国政や国費に手が届く立場を手に入れたことだ」

「確かに、魔法の催眠だと解けたりするかもしれないからね」

「展開上必要な、加工の難しいガラスの靴を一瞬で出現させるのは魔法が必要だが、これも現代ならば形状記憶合金の素材を使ったブーツなどで代用可能だ」

「ドレスにブーツはどうかと思うけど」

「要は現代の技術を使えば、魔法を使う必要すらなく一国を支配できるというわけだ」

「うーん、確かに魔法使いが闇のフィクサー的人物にしか見えなくなったわ」

「実際に国の執政をやっている人物や地位に意味はなく、それを心理的に操作する立場にいればいい。世界最強の格闘者よりも、それを雇っているスポンサーの方が強い立場にある、といったところか」

「自由に振る舞えるし、命を狙われる心配も減るしねー」

「ま、仮定の話だけどな」

「でも、今から要人の暗殺をする俺たちの仕事に意味はないってことにならない?」

「そもそも雇われて仕事してる時点で、俺たちはシンデレラ側だな」

「やなシンデレラだ」

「暇つぶしは終わりだ、仕事の準備しろ」

「はいはい、分かりましたよ理屈屋スポッターさん」

「十二時までには終わらせろよ、気分屋スナイパー」



 
続きを読む >>

at 00:00, 長文3, comments(0), trackbacks(0)

コント「イリーガルユースオブハンズ」

 
女:ねぇ、私たち付き合ってもう三週間だよね

男:う、うん

女:なんで手もつないでくれないの?

男:だって……恥ずかしいし

女:私からこんなこと言うのも恥ずかしかったんだよ!

男:……ごめん

女:いいよ、許してあげる……だから手をつないで歩いてくれる?

男:うん(手を握る)


審判:(笛の音)イリーガル・ユース・オブ・ハンズ!


男:え?

女:え?

審判:(笛の音)イリーガル(笛の音)ユース(笛の音)オブ(笛の音)ハンズ!

男:うるさいよ! 何言ってんですかアンタ!

女:いりーがるゆーすおぶはんず、だって

男:聞こえなかったわけじゃないよ!

審判:イリーガルユースオブハンズとは、バスケットボールで相手プレーヤーの接触によるファウルのことです

男:いや、何で急にファウルとって来たんですか

審判:腕や手を掴んで相手の動きを邪魔した時に、審判が判断してファウルをとります

男:あなたが僕らの邪魔してるんですけど!

女:はわわ〜、怖いよう……

男:僕の彼女がさっきから変なキャラを立てようとしている!

審判:パーソナル・ファウル五回で交代です

男:交代って何ですか

審判:別れて下さい

男:ふざけんな!

審判:審判への暴力的な言動、テクニカル・ファウル、退場!

男:お前が帰れよ(押す)

審判:い、痛い、誰か警察呼んでくれ!

男:そこはファウルとらないのかよ

女:私のために争わないで!

男:そんな無理に話に絡んでこなくていいんだよ!? ほら、もう行こう

審判:オフサイド!

男:サッカーじゃないか! どこがゴールラインだよ!

審判:ツッコミがしつこい

男:普通にダメだしするのはやめろ!
続きを読む >>

at 00:00, 長文2, comments(0), trackbacks(0)

ドリームクラブ

男「おいーす」

 

黒服「いらっしゃいませー」

 

女「いらさいませ〜」

 

男「いやー、また行きすぎちゃって下のライブハウスまで行っちゃって、今日はくそつまんねぇコントとかやってんの。あいつら死んだ方がいいな」

 

黒服「ご指名は?」

 

男「いつもの娘ね」

 

黒服「かしこまりました、アイリーンさんご指名です」

 

女「ひさしぶり〜」

 

男「久しぶり」

 

女「アコ、さみしかった、どうして来なかった?」

 

男「いや〜、仕事が忙しかったディバ」

 

女「アコ おなかすいた」

 

男「ドリンクのほうが儲かるんじゃないの?」

 

女「昨日から何も食べてないの」

 

男「ああ、いいよ、いいよ、サラミでも頼もうか」

 

女「ありがとう〜」

 

男「おい、一番安いつまみもってこい」

 

黒服「かしこまりました、一番テーブルに一番安いつまみ」

 

男「てめぇ馬鹿か、でかい声でんなことと言ってんじゃねぇよ、みみっちい男だと思われるだろうが、気をきかせろよ」

 

黒服「申し訳ありませんでした」

 

女「イカウ、何してるか? アコさびしいよ」

 

男「悪い悪い、ツメシボもらってたんだ」

 

女「ふ〜ん、そかそか」

 

男「アノアンギナガワモ」

 

黒服「なにしてるの?」


女「ああ、今お客さんにメールしてたよ。イカウ、タガログうまいな。ベテランな〜。」

男「ヒンディ、アコ タガログはコンティランだけ・・な。」

女「イカウ、どこに座ってるの。向こうに座る、な。」

男「Maganda ka naman.(マガンダカナマン)」


黒服「あなた綺麗だね」


女「おお、アコはフィリピンに子供居るよ。」


男「Ikaw ang pinakamaganda sa lahat.(イカウアンピナカマガンダサラハッ)」

黒服「この中で君が一番綺麗」

 

男「てめぇ、さっきから後ろでごちゃごちゃうるさいんだよ、何をブツブツ言ってんだ」

 

黒服「申し訳ありません」

 

男「ったく、あ、そうそう、アコ、俺の仕事見た? テレビ出たんだよ」

 

女「お〜、テレビ出たか、格闘技か?」

 

男「ドラマだよ、探偵モノで、今ワンセグで見られるかな、ほら」

 

 

 

探偵「んー、そうですか、奥さんは事件とは関係ないと」

 

女「ええ、そうです、もう帰っていただけますか、探偵さん?」

 

探偵「そうですか、すみません、失礼いたします」

 

女「ふぅ、まったく、しつこい男ね」

 

探偵「ああ、奥さんひとつ忘れておりました」

 

女「な、なんですか!?」

 

探偵「全然関係ありませんが、お宅の娘さん美人ですなぁ」

 

女「ちょ」

 

探偵「うちの若いものが見たら、フェラフェラフェラフェラフェラの嵐ですなぁ」

 

女「きょ、脅迫するつもりですか」

 

探偵「いえいえそんなつもりは、いや〜、こんなにお若いのにねぇ」

 

女「わ、分かりました、私がやりました、認めますからどうか娘は」

 

探偵「そうですか、じゃあ次は警察への口止め料として奥さんの肉体をぐふふ」

 

女「ちょ」

 

男「どう、主役だよ、かっこいいだろう」

 

女「よく分からないけどいっぱい喋ってるよ」

 

黒服「お客様、申し訳ありません、アイリーン指名が入りましたので、ヘルプつけさせていただいてよろしいですか?」

 

男「あ、てめぇ、ふざけんなよ、ヘルプって日本人キャストだろ、こっちはフィリピーナと喋りに来てるんだよ、日本人席につけたら殺すぞ」

 

女「イカウ、ごめんね、アコ行ってくるよ」

 

男「アコちょっと待ってろディバ、いいか、フィリピイーナの何がいいって昨今の日本人にはないけなげな自己犠牲精神がいいんだよ、出稼ぎに来てるからDS買ったくらいで怒られて涙目になっちゃうところがいいんだよ、ていうか寝たいんだよ、分かったらすっこんでろ」

 

女「いい加減にして、スタッフには威張り散らして仕事の話しかできないつまらない男なんて私は好きにならない、いくら金を積まれても抱かれない、品性でも金で買って来い」

 

黒服「お客様、こちらへ」

 

男「なんだ、やんのかこら」

 

(打撃音)

 

男「あー、くそ、四回通って落とせなかったか、この店はもう駄目だな」

 

男「あーあ、くそったれ、明日もがんばっていきまっしょい」

at 00:00, 長文2, comments(0), trackbacks(0)

官能小説『露出疾走』(走れエロス)

私は今、全裸で走っている。
妹の結婚式に出席するために、友達を人質に取られているから急いで帰るのだ。
なぜ全裸なのかというと、結婚式で裸踊りを披露して、寝坊してしまったので着の身着のまま(着てないけど)飛び出してきたからだ。

「お姉ちゃん、やめてよ、恥ずかしい!」

私の痴態に赤面する妹に、どうせ処刑されるから関係ないとは言えなかった。
それにしても酔っていたとはいえ、裸踊りとは。
ああ、親類縁者友人の視線が、とても心地よかった。
ああ、嫉妬羨望侮蔑の視線を思い出すと、今でも興奮してくる。

だ、ダメだ、一人妄想にふけっている場合じゃない、日暮れまでに帰らなければ、私の大切な親友が処刑されてしまう。
きっと不安だろう、早く戻らなければ!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「あぁん、磔にされて、裸をみんなに見られてるぅ!」

「なんだよこの変態、早く処刑してぇ」

「ああ、王様に裸を見られてイクぅ!」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「へっへっへ、待ちな、姉ちゃん!」

「ひっ!」

裸でひた走る私の前に、薄汚い身なりの男たちが現れて道をふさいだ。
恐らく、王が雇った野盗の一味だろう。
そして、彼らの眼球が嘗め回すように私の肢体を這い回る。
ああ、私は男達の欲望の捌け口にされ、白濁で汚され、豚のように殺されるのだ。

「お、おかしら、何でこの女、裸なんですか」

「盗るもんないじゃないですか、なんかブツブツ言ってるし頭おかしいんじゃ」

「うわっ、小便もらしやがった!」

私はあまりの恐怖に、失禁しながら命乞いをした。
親友を助けるためにこんなところで死ぬわけにはいかない。
どんなに無様に見えようとも、生きるために恥を忍ぶ。
だが屈辱とは裏腹に、下腹部に熱がこもるのも感じていた。

「お、お願いしまふゅ、命だけは、た、たしゅけて……」

「あ、ああ、うん、あの、お大事に」

私の誠意のこもった必死の命乞いが功を奏したのか、盗賊たちが引き上げていく。
安堵のせいか、またチョロチョロと失禁してしまう。
肉体の火照りはなかなか引かないが、立ち上がって再び走り始める。
男性に放尿姿を見られる屈辱も、友人を思えば耐えられたのだ。
早く、早く戻らなければ!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「あぁあ、おしっこ、おしっこ漏れるの見られてるぅ!」

「いや、トイレ位は連れていきますけど」

「ああ、王様におしっこぉ、おしっこ垂らすの見られてイクぅ!」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


町に着いた、もう時間がない。
必死に走ったが、肉体の疼きに耐えかねて、五回も自慰をしてしまったからだ。
町の人たちがこちらを見ている。きっと戻ってくるとは思わなかったのだろう。
だが、それでこそ王に友情を示せるというものだ。

「うわっ、素っ裸の女が走ってったぞ」

「あれだよ、王様にヌーディストビーチを作れって迫った」

「ああ、あの痴女のお仲間か」

もう間に合わないかもしれない。
それでも構わなかった。
私はすでに友のためではなく、目の前が光に包まれるような快感、そのために走っていた。
広場では、まさに友が処刑される寸前だった。

「もういいよ、殺しちゃおうよ、この変態女」

「ひいぃ、死ぬ、死ぬとこ王様に見られてイクぅ!」

「どんだけレベルの高い変態なんだよ」

「待ちなさい、私は戻ってきたわよ!」

「うわ、本当に帰ってきたよ」

「ほら、私はここよ、見て、見なさい、私の裸を見てぇ!」

「……あの、もう処刑とかしないんで、服を着てもらえます?」

「裸になって何が悪い!」

私はひどく赤面した。
続きを読む >>

at 00:00, 長文2, comments(0), trackbacks(0)

休止

藍栖「重大発表です♪」
紅男「無駄に長く続いてきたこのブログですが、本日を持ってしばらくお休みします!」
蒼太「来月あたりにイラストサイトとして復活するらしいですが、無理だろこれ」
藍栖「その間は官能小説で我慢してね♪」
紅男「よろしくお願いします!」
蒼太「休止中に急死すればいいのに」

at 00:00, 企画, comments(0), trackbacks(0)

一千

蒼太「ついに一千個目のダジャレです」
紅男「千個より万個が好き!(性的な意味で)」
蒼太「百万回死ね」
紅男「菊満開!?(性的な意味で)」
続きを読む >>

at 00:00, 短文10, comments(0), trackbacks(0)

薄汚

紅男「臼、ギター、ナイフ!」
蒼太「全部、うすぎたない」

at 00:00, 短文10, comments(0), trackbacks(0)

鼻水

紅男「鼻水が止まらない!」
蒼太「ハナミズキの花粉だな」

at 00:00, 短文10, comments(0), trackbacks(0)

電球

蒼太「俺、切れると周りが見えなくなるタイプだから」
紅男「電球!」

at 00:00, 短文10, comments(0), trackbacks(0)

胃袋

蒼太「彼女が牛だった」
紅男「別れた胃!」

at 00:00, 短文10, comments(0), trackbacks(0)

| 1/120PAGES | >>

Page top